8月31日 Sun アシタハアタシノカゼガフク/AiM

 飛葉:一昨日、久々に吐くほど飲んだ

 詩鶴:飛葉にしては珍しいわね

 飛葉:部室行ったら飲んでたから混ざったんだけど、面子が良くて飲みすぎた

 詩鶴:楽しげな生活をしおって

 飛葉:うむ。しかし帰ってから吐いた。よく覚えてないのだが、7〜3回吐いたはず

 詩鶴:・・・記憶曖昧すぎだろ

 飛葉:ちゃんと水飲まなかったから一回で全部出なかったんだな・・・

 詩鶴:しかし・・・ヤな話ね。しょっぱなから

 飛葉:まあ・・・。でも寝たらほぼ抜けてた。手先がちょっとしびれてる以外は異常なかった

 詩鶴:はいはい。良かったわね

 飛葉:そんで今日は寿司くってきた

 詩鶴:またか。今月の最初も行ってたわよね

 飛葉:ちょっと遠いけど、一皿130円の寿司があって。がんばって行ってきたよ

 詩鶴:世間では今日は一年で一番悲しい日だというのに

 飛葉:夏休み最後の日だからか。だが大学生はあと一ヶ月休みだぜ

 詩鶴:しねばいいのに

 飛葉:明日は映画行く予定

 詩鶴:飛葉のくせに夏休み満喫しすぎ。まあどうせ気づいたら明日から学校よ

 飛葉:まだだ。まだ終わらんよ


>何本で申し込んだの?


 飛葉:おまひま本ですよ

 詩鶴:相変わらず激しくマイナーね

 飛葉:いいじゃん、マイナー。メジャーになるといろいろおかしくなる

 詩鶴:メイドガイとかアニメ化しちゃったようなんだけど

 飛葉:それでもおまひまなら、おまひまならきっとマイナーでいてくれる

 詩鶴:まあ、そう簡単にアニメになったりしないわよ・・・たぶん


8月26日 Tue Butterfly Kiss/米倉千尋

 飛葉:とゆーわけで冬コミ申し込んだよ

 璃雨:また黒歴史が増えるのね

 飛葉:今度こそたっぷり時間かけて良質な本を作りたい

 璃雨:そのセリフ見た人、全員同じこと考えると思うわ

 飛葉:なんか本作ってないと絵の腕が上がってないようなんだよ

 璃雨:まあせいぜいがんばることね


>背景の水着ゆづるに欲情したっ!!


 飛葉:まあ落ち着け

 柚香:思えば前の更新からかなり時間空いたよね

 飛葉:うむ。実家帰って朝霧の巫女の新刊買ったり、漫同の合宿行ってトリコロの新刊買ったりしてたからね

 柚香:何しとんねん

 飛葉:朝霧の巫女は今回の5巻でやっと過去話をやってて、話がわかってきた感じ

 詩鶴:相変わらず難解だったわね

 飛葉:ていうか今年に出た新刊に平成16年の連載分が載ってるってどうゆーことよ

 詩鶴:じゃあ新刊はまた四年後ね

 柚香:オリンピックかよ!

 飛葉:唯一俺が普通に良いと思ってる巫女さん漫画なのに。早く続きだせー

 詩鶴:トリコロはなぜまた1巻なのか

 飛葉:なんだろう・・・。内容普通に前の続きだし。表紙も多汰美で順番通りだし

 詩鶴:載ってる雑誌が変わったとか

 飛葉:電撃大王になってる。前はまんがタイムきららだっけ

 詩鶴:謎は解けたわね

 飛葉:表紙の多汰美が可愛すぎる・・・


>おまひまの小説キタコレ!


 飛葉:内容が痛そうなので俺は好評スルー中。富士見ファンタジアだしね・・・

 璃雨:元々痛い漫画じゃん

 飛葉:まあそうなんだけど・・・黒髪ロング補正と絵柄補正で・・・

 詩鶴:ノベライズは結構地雷だからね。元々の痛さに加え、小説になってただ痛いだけのナニカになることも多い

 飛葉:おまひまアニメ化とかはやめてよー絶対やめてよー


>きっと冬にはおまひま本もちらほらあるに違いn


 飛葉:むう・・・3サークルくらいはあったらうれしいかなー

 柚香:とりあえず飛葉は自分の本作んないとね

 飛葉:まあ・・・がんばるさ


8月5日 Tue 夢で逢えたなら・・・/175R

 飛葉:なんか試験が終わってしまっても、微妙にやることがないな

 弓弦:お疲れ様です

 飛葉:うわ、お前だけかよ。ゴキジェットどこやったかな・・

 弓弦:それはさすがにひどすぎる!

 飛葉:冗談だ。しかし今日は厄日か

 弓弦:まあそういうひもある

 飛葉:ブチ殺すぞ


>夏ですねえ… (・∀・)ニヤニヤ


 飛葉:まあ夏だな。ニヤニヤの意味がわからんが


>ヒヨえもんジャイアンをいじめるんだヽ(;´Д`)ノなんか道具出してよ!


 飛葉:これはジャイアンとやらをいじめろという指令か?

 弓弦:っていうか前回に引き続き、微妙な拍手はすっ飛ばす勢いですね

 飛葉:うむ。キングクリムゾン並みに

 弓弦:なぜジョジョ

 飛葉:最近第五部読んでるんで


>もちろん・・・性的な意味で・・・


 飛葉:意味不明すぎ

 弓弦:ほっときましょう


>表ではウザがっても、内心嬉しいヒヨウであった・・・


 飛葉:この手のネタも飽きてきたんだが

 弓弦:じゃあ、私のこともウザがってるけど実は・・・

 飛葉:ブチ殺すぞ


>^^^^^^


 飛葉:そうめんはうまいね

 弓弦:え? そうですね


>飛葉の絵が今の俺の生きる活力だ


 飛葉:そういってもらえるとうれしいが、それでいいのか?

 弓弦:まあ、それにしても飛葉はもっと生産力をあげるべきだと思うよ

 飛葉:黙れ

 弓弦:私に対してひどすぎる・・・

 飛葉:自分で作ったキャラなのに、お前に言われるとすごいむかつく。これは一種の才能ではないだろうか

 弓弦:・・・


>ひよーしゃん、あれほど毎日更新すると熱い誓いをたててくれたのにどういうことですか!


 弓弦:妄想乙

 飛葉:今日はそれ言う役がいないからなー


>水着分が足りない


 飛葉:背景でがまんしなさい





 璃雨:最近飛葉は私のことを大事にしないと思うの

 飛葉:そんなことないと思うが・・・

 璃雨:しづるんの絵ばっか描いてるような・・・

 飛葉:まあ奴は動かしやすいから。実は

 璃雨:まあいいわ。ところで弓弦ちゃんがいたようだけど・・・?

 飛葉:お前が帰ってきた瞬間、押入れに隠れました

 璃雨:ふむ。最近いろいろやったからね

 飛葉:噛み付いたりするからだ・・・

 璃雨:ただの冗談なのにw

 飛葉:そういや恋楯PS2に移植だとさ。あんなマイナーギャルゲを

 璃雨:やりたいの?

 飛葉:ちょっと。新キャラで黒髪ロングくるっぽいし

 璃雨:コンシューマー版に飛葉が関心を持つとは珍しい

 飛葉:スーパーマイナーゲーだが、個人的には良ゲーだと思ってる。あのテンポのいいシナリオは俺好み

 璃雨:妙子様にくぎゅボイスがついたようだけどね

 飛葉:ツンデレボイスじゃなく、アルボイスの方だからまあいいんでは? と思う