10月31日 Wed

 飛葉:乗船実習行ってたため、放置ぎみでした

 璃雨:そうかい

 飛葉:そしてまた拍手がひかりのかなたにきえさった

 詩鶴:飛葉は学習しない

 柚香:・・・・・・

 飛葉:とりあえず一個だけだけど拍手返信しとくか


>入り口の璃雨先輩の絵(看板?)をクリックしても入れるようにしたらいいよ!


 柚香:なるほど・・

 飛葉:うむ。早速やっといた。ナイスなアドバイスありがとうございます。100飛葉ポイントです

 柚香:なにそれ・・・

 璃雨:ポイントってことは、溜まると何かあるわけ?

 飛葉:え

 詩鶴:飛葉がなんかくれたりするの?

 飛葉:いや・・・。ごめんなさい。言ってみただけです

 璃雨:まあいいわ。またなんか魚もらったの?

 飛葉:一応。でも今回はキダイとかで、なんかあんまりぱっとしないけどね

 詩鶴:そういえば、先輩に進められたのでぽてまよを見ました

 飛葉:それは俺のセリフだ!

 柚香:もしかして、船の中で見てたの・・・?

 飛葉:や、さすがにこそこそと隠れてだけどね。行く前にデータはすべてそろってたから

 璃雨:んで?

 飛葉:面白かった。作画も結構安定してたし。原作の話をほぼそのままだったんだが、うまくアニメにして動かしてたと思う

 詩鶴:そんなことを船でやっていたわけね

 飛葉:それだけではないぞ。ちゃんと実習もやったし、今回のトップ絵も船で塗った

 柚香:こそこそ隠れて?

 飛葉:いや。学生食堂で堂々と

 璃雨:また怖いもの知らずな・・・

 飛葉:でもとくに問題なかったぞ。外国人教師の某M先生に大うけだった

 詩鶴:コイツ、今のうちに止めておいたほうがいいんじゃないかな

 飛葉:コイツって言うな





 璃雨:実は今回のトップ絵って使いまわしよね

 柚香:冬コミ前だし、大目に見てあげてくださいよ・・


10月14日 Sun

 璃雨:飛葉はなんでコンビニでおにぎり買うと、いつも明太子なの?

 飛葉:好きだから。というか明太子の入っていないおにぎりはいらん

 璃雨:明太子おにぎりが無かったらどうするの?

 飛葉:おにぎりは食わない。でも梅干だけは許せる

 璃雨:飛葉がアホなことがよくわかったわ


>まぐろうまうまー


 柚香:喜ばれているようだわ

 飛葉:まあ俺が汗水流してとってきたマグロだからな

 璃雨:飛葉の汗がしみこんでそうでイヤね


>EZだけど。リンクのコメントで思わず吹いたぞコラww


 飛葉:当HPを見て生じたいかなる損害にも、飛葉は責任を負いかねますのでご了承ください

 柚香:飛葉にしてはめずらしいジョジョネタだったわね

 飛葉:ネタなら多少知ってるし。というかどんどんみんなバナー作ってくよ。このままではnobannerが消えるよ

 柚香:それはいいことじゃないの?

 璃雨:せっかく作ったから、使い道が全くなくなるのは嫌なんでしょ

 柚香:弓弦ちゃんの顔グラ使いまわしただけじゃない・・・

 飛葉:や、弓弦の顔のnobannerっぷりが、実は結構気に入ってるんだよね

 弓弦:(なんか、バカにされてる気がする・・・)


>・・・あかんです。


 飛葉:何がだよ

 璃雨:飛葉なんてあかんところばっかりじゃない

 飛葉:んなことわかってるわ! でもせめて何があかんのか教えれ

 柚香:・・・・・・全部・・・?

 飛葉:お前は俺を怒らせた・・・


>8001げと


 飛葉:ッギャ――――――!! 遂に恐れていたことがっ!!

 璃雨:落ち着けっ!!

 飛葉:は、8000HIT絵・・・ごめんってごめんって!

 璃雨:落ち着けよ。描けばすむ話だろう?

 飛葉:描けば済む・・・。確かにそのとおりだが、だが、時間がないっ

 璃雨:お前いつもそればっかだな

 飛葉:だってバロンとかサモンできちゃうくらい真実だし

 璃雨:真実の神はそんな安っぽい真実ではサモンできん。安心しなさい

 飛葉:世の中にはできることとできないことがあってね・・・

 璃雨:おい

 飛葉:はい

 璃雨:描け

 飛葉:はい

 璃雨:まあ、きついなら使いまわしてもいいから、とりあえず描きなさい。ね?

 飛葉:わかりました・・・





 璃雨:そういえば、柚香ちゃんは?

 飛葉:もう一度屋久島旅行がしたいようだったからさせてやった


10月7日 Sun

 飛葉:帰ってきましたーという挨拶回りが一通り終わった感じだな

 柚香:そうねー

 飛葉:お、久しぶりー

 柚香:・・・ひさしぶりね

 飛葉:9月27日あたりに鹿児島に帰ってきました

 柚香:知ってるわよ・・・とりあえず謝れ

 飛葉:ごめんなさい。屋久島楽しかった?

 柚香:ぶつわよ

 飛葉:ごめんって。サイト壁紙にしたし、いいじゃん

 璃雨:めっきり秋仕様ってことね

 柚香:秋ですね・・・

 璃雨:秋の似合う女ね

 柚香:それはなんだか複雑です・・・

 詩鶴:じゃあ今週の拍手返信いってみよー

 柚香:本当に今週分なのが嫌ね・・・。名目上は「日」記なのに


>飛葉、時代はたゆんたゆんだ


 飛葉:そっ、そうか! うおお

 詩鶴:なにテンション上げてやがる

 飛葉:いや、だってホラ

 璃雨:これで心置きなくきょにゅーが描けるわね

 柚香:・・・鵜呑みにしていいんですか?


>ひようせんせいぼくにもまぐろー


 飛葉:落ち着け。信じれば食える

 詩鶴:飛葉を信じろと?


>まぐろおいしかったよ、ごちー!


 飛葉:というわけで信じたから食えたわけ

 柚香:・・・・・・・・・


>弓弦かわいいですよ!というわけで日記のキャラ一覧に加えてあげてください


 飛葉:というわけで加えた。すぐに対応する偉い飛葉

 璃雨:何かに負けた気がしない?

 飛葉:・・・ちょっと、ね





 飛葉:そういえばおまひまの二巻を買ってきた

 詩鶴:飛葉の好きなエロマンガ作家が一般の月刊誌で連載してるやつね

 飛葉:乗船から戻ったら二巻が出てるんじゃないかと目論んでいたらホントに出ててうれしい

 璃雨:ちょっと見せてみろ

 飛葉:・・・・・・

 璃雨:黒髪ロング和服巨乳ね・・・

 飛葉:まあそういうひもある

 詩鶴:ねえよ


10月1日 Mon

 飛葉:明日でとうとう実習も終わりかー。なんだかんだ言って結構楽しかった

 璃雨:まぐろだ・・・石のように硬い

 飛葉:凍っているからな

 詩鶴:それより飛葉・・・ニュースよ

 飛葉:ああ・・・。結構前から噂で聞いたり、弟にメールで教えられたりしたが、この目で見るまで半信半疑だった


SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.31 電脳戦機バーチャロン


 飛葉:キタコレ。OMG・・・何もかも懐かしい。バイパーUハァハァ・・・

 詩鶴:アホか。発売は10月25日よ

 飛葉:・・・たぶんその日また乗船実習行ってる

 詩鶴:まったく、ままならないわね

 飛葉:買うしか。コレは買うしか

 詩鶴:妙なテンションのまま拍手返信です


>生きてたか


 飛葉:ま、ね

 璃雨:一般人の中は大変だったっしょ

 飛葉:大変っちゃ大変だったが。でも俺が絵描いてて、それ見て引いたりしなかったな。意外だった

 璃雨:意外ね・・・

 詩鶴:てか見られたのか

 飛葉:それから俺の絵を見た感想で、うめーとかすげーの次にくるのが、エロい、なのはなぜだ

 璃雨:自分で考えやがれ

 詩鶴:うめーとかすげーのコメントには突っ込まないの?

 飛葉:そりゃ普段から描いてるんだから、一般人よりはうまいわ


>島流し?島流し? 屋久島は流刑地と死ってのことかーっ


 璃雨:柚香ちゃんは旅行です♪

 飛葉:別に頭のほうのネタで出しどころがなかったから、なし崩し的に今回も出番なしになったわけではないよ?


>トップの妹の後ろの人、片足だけ靴下とかフェティッシュね。バルディッシュと似てるのはなぜ?


 詩鶴:字面だけだろ

 璃雨:ところでバルディッシュって何?

 詩鶴:野球選手ですよ。日ハムの

 飛葉:〜♪

 璃雨:(ちなみに後ろの人とは私のこと・・・)


>まぐろよこせ


 飛葉:座して待て

 詩鶴:まー知り合いには持ってきますよ。そのうち


>そういえば、弓弦ちゃんは?


 飛葉:島流しだって