6月29日 Thr

 飛葉:なんか漫然としている間に飛葉キャラ本が出来上がってしまった・・・

 柚香:完成したんだ・・・。でも、作品展ってもう明日しかないじゃない

 飛葉:まあ、余ったらJAMとかあわよくばコミケのうちのブースとかで売ればいいよ

 柚香:思ったよりきれいな本ねー

 飛葉:うむ。俺も出来はもっとチープなもんになると思ったよ。Y下先輩様々ですわ

 柚香:飛葉の作品展の作品は?

 飛葉:がんばったけど、結局書き下ろし作品は最終日になっちゃったなぁ

 柚香:そっか〜。今回の絵ってどっちも詩鶴メインなんだね。飛葉が璃雨先輩を描かないとは珍しい

 飛葉:や、特に深い意味はないんだけどね。いうなれば偶然ってか

 柚香:そ、そうなんだ・・・

 飛葉:明日最終日だしようやく作品も出揃うな

 柚香:出揃うっていうか、明日出せなかったら終わりなだけなんだけどね

 飛葉:うちのサークルの作品展鑑賞のコツは、最終日に来る事、だな

 柚香:そういえば飛葉本読んでて気になったんだけど

 飛葉:ん?

 柚香:私ってメインヒロイン要員なの・・・?

 飛葉:・・・・・・・・・

 柚香:な、なんで何も言わないのよ・・・。っていうか日記終わるし!


6月27日 Tue

 飛葉:最近雨ばっかで鬱いねぇ

 柚香:でも、晴れたら結構暑くなりそうだね

 飛葉:んー。ここ鹿児島ではたぶん、雨が降ってても同じくらい蒸し暑いと思う

 璃雨:ていうか、蒸さない分だけ晴れの方がいいね

 飛葉:確かにそれはあるかもなー

 柚香:そういえば、最近あんまりHPの更新に手が回ってないんじゃない?

 飛葉:作品展関係が一段落したらどうにかなるって!

 璃雨:まだ終わってなかったんだ、それ

 柚香:早くキャラクター紹介リニューアルしてよね

 飛葉:わかってるって。まあ今回はギャラリー更新がメインだから、日記はこんなもんでいいだろ

 柚香:そういう打算されてもなあ・・・


6月23日 Fri

 飛葉:結局前の更新から一週間以上経ってしまった・・・・・・

 柚香:まあ忙しかったししょうがないよ

 璃雨:Zzz

 飛葉:璃雨先輩は寝てるのか

 柚香:いま七時半だけど・・・

 飛葉:もうそろそろ起きようぜっていう時間ではあるがな・・・

 柚香:平日だしね・・・

 璃雨:うにうに・・・すぴー

 飛葉:起きる気配はないな

 柚香:昨日夜遅くまでひぐらしやってたしね

 飛葉:コイツそんなことしてたのか・・・。確かにひぐらしは止められなくなるからなぁ

 詩鶴:そうね。ちなみに飛葉より進めてネタバレしてやるのが目的だそうよ

 飛葉:うわコイツ頃ス

 詩鶴:・・・しづるビーム

 璃雨:―――――――

 飛葉:・・・・・・・・・・・・

 柚香:むごい・・・・・・

 詩鶴:ちなみに頭に付けた三点リーダの数だけ威力が上がるわ

 飛葉:まあ俺に向けて撃たなければいい


6月13日 Tue

 柚香:明日は誕生日ねー

 璃雨:そーね

 詩鶴:誕生日ね

 飛葉:ん? 誰か誕生日だったか?

 詩鶴:誕生日よ

 飛葉:んー詩鶴はまだ先だろ。柚香はもっと先。璃雨先輩は不明だし

 璃雨:それ、いい加減設定作ってもいいと思うけど?

 柚香:話が逸れてるよ。明日誕生日なのは

 璃雨:飛葉、お前だ〜♪

 飛葉:煤I そういえば明日か・・・

 璃雨:まあとりあえず祝ってやろうかと

 飛葉:なんかひっかかる言い方だが喜んでおこう。っていうか俺ももう二十歳か〜

 柚香:これでお酒とか飲めるね

 詩鶴:いままで普通に飲み会とか行ってた気がするけど

 飛葉:気のせいだろ


6月8日 Thr

 飛葉:やはりカレーは辛口だな

 璃雨:今日は飛葉家の食卓からお送りします

 柚香:いつもそうだけどね

 詩鶴:性懲りもなくカレー

 飛葉:や、一人暮らしだと作ってその日余っても、何日も食べられるようなものがいいんだわ

 柚香:あ、今日のはニンニク入れてみたんだね

 飛葉:うむ。しかし、俺は作ってるうちににおいに慣れたせいでわからん

 詩鶴:ん。おいしいと思うわよ

 飛葉:そうかそうか。うむ、実に平和だ

 璃雨:そういえば飛葉〜

 飛葉:ん?

 璃雨:作品展とかコミケとかの方はどうなのかにゃ?

 飛葉:うぐ・・・

 柚香:(・・・また璃雨先輩は・・・)

 詩鶴:(残酷な事を・・・)

 璃雨:確か作品展は立て看も描くんだよね?

 飛葉:うああ・・・。ネタが、ネタがない・・・

 璃雨:コミケはどうすんの〜?

 飛葉:うあー。誰か同人誌のネタをくれ・・・

 詩鶴:(やれやれ・・・)


6月3日 Str

 飛葉:コミケ受かった・・・

 璃雨:なにい!?

 柚香:どうするの!?

 飛葉:いやまあ、本作るしかないだろうな〜

 柚香:そっか・・・がんばってね・・・

 飛葉:まあ、とりあえずご飯作るから。今日はハヤシライス

 璃雨:おおw。ささ、早く働け

 飛葉:・・・・・・お前の分はナイからな・・・

 柚香:ああ。先輩、飛葉怒らせちゃって。ご飯無しだってよ

 璃雨:だいじょーぶ。飛葉って甘いから、結局なんだかんだ言ってちゃんと食べさせてくれるわ

 柚香:まったく・・・

 璃雨:しかし飛葉がコミケに受かるとはね〜

 柚香:でも、昨年とりあえず本作ってはいるから、それなりにノウハウはあるかもしれないわね

 璃雨:オフセットなんて無理だろうから、またコピー本かね

 柚香:将来オフセットでなにか出せるといいわね

 飛葉:うおお・・・。タマネギが目にしみるよー

 柚香:やれやれ・・・しょーがないわね・・・

 飛葉:うう・・・俺はタマネギに弱いのだろうか・・・。普通の人はこんなに涙でないんじゃないかね・・・

 璃雨:どうなのかなー。そんな事人に聞いた事ないし

 飛葉:実はタマネギが目にしみない裏技でもあるのか!?

 柚香:う〜ん。どうだろう

 璃雨:そんな事より、早く飯♪