11月29日 Tue

璃雨:なんかすごく久しぶりじゃない?

柚香:飛葉が忙しかったから・・・

飛葉:いや、まだ忙しいんだけどね

柚香:そうなんだ。そのわりには昨日、テムジン747Jのシャドウを・・・

飛葉:ストーップ!!? いいじゃん、息抜きも必要だよ!?

璃雨:まあ、飛葉は相変わらずということね

飛葉:なんだよぅ・・・お前に俺のなにが分かるというんだよぅ・・・

璃雨:でも、今日はやけに疲れてるぽいね

飛葉:体育があったからな・・・。なぜ大学に入ってまで20mシャトルランなぞやらされればならんのだ

柚香:あの行ったり来たりするやつね

璃雨:なんかアレって不毛よね。車回し続けてるハムスターみたい

柚香:そんな不穏なこと言っちゃだめです

璃雨:大丈夫よ。私たちは言論の自由で保護されてるから

柚香:なんかそういう問題でもないような・・・

飛葉:とにかくそのせいで膝を痛めた。膝痛い・・・

璃雨:日ごろ運動してないからね

飛葉:うるせえ。こたつに肩まで埋まってる奴に言われたくないわ

璃雨:これはこたつとこの季節が悪いのよ!

柚香:スイッチ切っちゃえ

璃雨:ああ!? 柚香ちゃんの鬼! 悪魔! こんなことをするなんて超ド級のSね!

柚香:―――迷津、慈航斬!!

璃雨:ま、また・・・・・・? あべし!

飛葉:死んだか・・・。

柚香:まったくもう・・・。世話の焼ける

飛葉:(これが世話か・・・? ガクガクブルブル)

柚香:とりあえず、先輩を片付けないと・・・

飛葉:(片付けられてる・・・。すでに片付けられてるって・・・)

柚香:じゃあ、ちょっとそこのT字路のとこまで行ってくるから

飛葉:あ、ああ・・・・・・

飛葉:・・・・・・ふぅ。最近柚香が怖いな・・・・・・

飛葉:・・・・・・・・・璃雨先輩、明日の朝収集車が来る前に目を覚ませばいいけど・・・・・・


11月19日 Sun

璃雨:今日は冷えるね〜

柚香:そうね。学祭終わったら一気に寒くなった気がするわね

飛葉:PS2のSEEDやったよ

柚香:相変わらず遊んでるわね

飛葉:ソードストライクが意外と強かった

璃雨:ルージュとどっちメインに使うの? 飛葉って気に入った機体を使い込むタイプじゃない

飛葉:ん〜、そこはまだ決めかねるな。ブリッツも好きだし

柚香:ところで、やっとこたつ布団買ってくれたね

飛葉:テラ高ス

璃雨:ぬくぬくだね〜。これで某Kさんみたいに廃人プレイができるね

柚香:やらないでよ

飛葉:善処する!

柚香:胸張って言うことがそれ?

飛葉:これで座椅子があったら最高だよね

璃雨:廃人けって〜い

柚香:飛葉じゃないけど、これでミカンがあったらいいよね

飛葉:奴らはさっさと消費しないと腐る

璃雨:まあまあ。奴らだって好きで腐りやすいわけじゃないんだし、買ってあげなよ

飛葉:こたつ布団のせいで金ないヨ

柚香:ああ・・・。冬の王道が・・・

飛葉:がまんしろ

璃雨:最近ちょっと顔グラやってるわね

飛葉:うん。でも今度個人本だそうかと思ってるからな〜。実装また後回しかも

璃雨:もうそろそろいくらあたしらでも怒るよ?

飛葉:ごめんって、ごめんって!

璃雨:もういいから


11月14日 Mon

飛葉:ただいま〜うまかった〜

柚香:ラーメン屋やってたんだ。あそこ何時までだった?

飛葉:一時かな。後一杯でポイントたまってラーメン一杯タダだよ

璃雨:やたらあそこ気に入ってるよね

飛葉:うまいしな。しかし、今日はほぼ活動してないな

璃雨:昨日飲んでるしね

飛葉:うむ。しんでた

柚香:今日はたいした仕事ないみたいでよかったね

飛葉:しっかり回復しておくよ

柚香:明日は片づけね・・・学祭、楽しかった?

飛葉:ん、ああ。なんか久々に動きまくったな

璃雨:楽しかったならよかったわ

飛葉:学祭って、きっと痩せるよ


11月13日 Sun

柚香:先輩、さっき帰ってきたの飛葉・・・?

璃雨:そうよ。いま風呂ね

柚香:今日も遅かったわね

璃雨:飲んでるみたいだったし

柚香:連続か・・・大変ね〜

璃雨:飛葉、なんであんなに酒飲めるのかな〜。大学入るまでほとんど飲んだことないのに

柚香:遺伝かな?

璃雨:母親は強かったと思うわ

飛葉:俺がどうかしたか〜

柚香:あ、出たんだ

璃雨:今日はどうだった? 一応夕方までは雨降らなかったけど、一日中曇ってたわね

飛葉:それがラムネ、レモンソーダ、お茶、チオビタドリンクは完売ですよ〜

柚香:コーヒーは残ったんだ。それはどうするの?

飛葉:部内消費だってさ

璃雨:おお? コレは新しいマンガね

飛葉:プラネットガーディアンだよ

柚香:ガンガンのやつね。なんでいまさら?

飛葉:連載当初から好きだったんだけど、当時の事情で買えなかったから

柚香:ふ〜ん。ちょっと少女マンガっぽいよね

飛葉:いま読むと、結構萌えるな〜

璃雨:巫女服でてくるしね♪

飛葉:―――業風、神閃斬!!

璃雨:あべし!

柚香:ああ、先輩が真っ赤に・・・

飛葉:弱いな〜

柚香:コレって生きてるの・・・?

飛葉:明日はシフトないんだよな〜どうしようか


11月12日 Str

飛葉:だう〜。おかえり〜

柚香:おっそ〜い!! しかもそれを言うならただいまでしょ!?

璃雨:まあまあ、若いうちはちょっとくらいはっちゃけた方がいいんだって

柚香:わたしは飛葉の保護者じゃありません!!

璃雨:結構飲んでると見た

飛葉:おう〜。飲んでるよ〜

柚香:明日も一応朝からあるのに、大丈夫なの?

飛葉:・・・・・・。気合

柚香:はぁ・・・・・・。も〜、しょうがないわね・・・

飛葉:今日はストームもなかったし、抑えたから大丈夫

璃雨:気になるラムネの売れ行きは?

飛葉:今日は晴れて暑いくらいだった・・・てか、暑かったからかなり売れた

璃雨:予報によると明日は雨っぽいね

飛葉:ま〜、明日はHOTが主流になるかな

柚香:あんまり飲んで、救急車呼ばれるような事にならないでね

飛葉:ん〜。がんばる

璃雨:最近、テイルズは鯖落ちが激しいわね・・・

飛葉:おい、なに勝手にやってるんだ

璃雨:ちょっと歩き回ってただけだって

飛葉:歩くとペットの体力消耗が激しいんだよ

璃雨:ペットに私の名前つけてるのはなんでかな?

飛葉:その漢字の並びが好きだから

璃雨:そんなこったろうと思ったわ

柚香:今日はテイルズやらないで早く寝なね

飛葉:分かってるって

璃雨:明日もがんばれ〜

11月11日 Fri

飛葉:ひぎぃ、疲れた〜

柚香:わあ、遅かったわね

璃雨:学祭の準備?

飛葉:ああ。ひたすら疲れた・・・

柚香:お風呂入れてくるね

飛葉:お〜。あり〜

璃雨:日常会話でチャット用語を使うようになったら、末期症状ね

飛葉:うるせえ。今日は疲れたから、璃雨先輩の相手なんかしてらんないの

璃雨:ひどいわ。そうだ、名前をつけましょう。ひどい飛葉ってどうかしら

飛葉:こ、この、エセ吸血鬼が・・・

璃雨:♪〜

飛葉:ふ、ふふ・・・。五花月光を使えるのは柚香だけだと思うなよ・・・

璃雨:な、なんですって!?

飛葉:エセ吸血鬼ごとき、雷電剣で十分だ・・・

璃雨:ふ・・・。なめられたものね・・・

柚香:もうそろそろ入れるよ〜・・・・・・って、なにしてるの?

飛葉:・・・・・・また次の機会にしておくか

璃雨:そうね・・・またいつかね・・・

柚香:(バカばっか・・・)

璃雨:しかし、学祭は天気が心配ね・・・

柚香:雨だったらラムネなんて売れないだろうし・・・

飛葉:そうだな・・・。今日だけで抜けてくれるといいけど

柚香:立て看板の娘と、あの図書館の絵でウサミミついてた娘さ、同じ娘だよね?

飛葉:ん、そうだよ

柚香:名前つけて日記に出したりしないの?

飛葉:なにを言う!? 顔グラの量が増えるだけだろ!?

璃雨:私たちのも全然進んでないくせに

飛葉:う〜。そういやもうそろそろ、1000Hitしそうで、1000Hit絵描かないと、とか

璃雨:人が苦しんでるのって、なんかいいよね

柚香:先輩、それはとても危険な傾向です! すぐに考えを改めてください!!

飛葉:俺もすごくそう思うぞ。某ルナサ好きのようになる前に矯正しとけ

璃雨:わ、わかったわよ・・・


11月10日 Thr

飛葉:最近ハードな日常を送っています

璃雨:まあ、ハードだったわね

柚香:こないだの飲み会の後、何度も吐いてて、すっごく心配したよ

飛葉:日本酒って悪酔いするのかな

璃雨:持って行ったトマトスープはどうなったの?

飛葉:ん〜、なんか結構評判良かったよ。余ってた缶詰を使うために作ったようなものだったが

璃雨:飛葉が料理できるなんて意外よね〜

飛葉:俺だって料理くらいするわ

柚香:実はあのトマトスープって、作ったの初めてよね

飛葉:うん、そうだよ。まあ、挽肉のスープにトマト入れるだけだし、あんま変わらん

柚香:そういえば、原稿はあがったの?

飛葉:おう。どうにか、な

璃雨:立て看板もできたし、仕事はほぼ終わったわね〜

飛葉:学祭はこれからだから、仕事は沸いて出てくるさ

柚香:あのさ、徹夜よくしてたけど、体に悪いよ?

飛葉:ん〜。善処するよ

柚香:ふぅ、まったくもう・・・

璃雨:今日で原稿と立て看板を同時仕上げ・・・もっと計画的にやらないとね

飛葉:分かったよ・・・もう

璃雨:で、次回にむけてなにかどうぞ

飛葉:次回は試しにミリペンでやってみる

柚香:指摘されてる計画性への配慮と関係ないし・・・